結婚式

結婚式場を選ぶなら比較が成功の鍵になる❘一生の思い出作り

結婚式準備のスタート

結婚式場

名古屋には魅力的な結婚式場が多く建ち並んでいるものです。その中でも駅が近いところは利便性が高いものだとされているでしょう。平均的に招待客は100~200人だとされているので、その人数をさまざまな地域から招待することになります。当日の天候がどのようなものになるかは分からないので、なるべく楽に足を運べる立地条件は、結婚式場を選ぶときに重要となるポイントだと言えます。その他に費用が気になるものです。結婚式に招待された招待客は、新郎新婦へのお祝いの気持ちとして祝儀を渡すでしょう。頂いた祝儀は結婚式費に充てることが可能です。その為、名古屋の結婚式場でも料金の支払い日を式後に設けています。

1人平均3万円だとされる祝儀を、招待客の人数分頂いても基本的には赤字となります。衣装や料理、演出などにも多くの費用が充てられる為です。グレードを変えることで、トータルで掛かる費用を調整することも可能でしょう。しかし結婚式は、招待客に対して感謝の気持ちを伝える場となるので、なるべく招待客に関するものはグレードそのままにしておきたいものです。着用する衣装をレンタルにしたり、結婚式場の閑散期を狙ったりすることで費用は格段と下げることが可能です。結婚式の閑散期は梅雨や冬期にあたるでしょう。閑散期は繁忙期と比較すると何割もの割引が適用されるので、新郎新婦にとってとてもお得だと言えます。閑散期となる時期の結婚式は天候を読むことが難しくなるので、招待客の足元が気になるところです。その面も考慮すると楽な移動を実現できる立地条件はやはりメリットがあると言えます。

衣装の試着

フォーマル

結婚式のメインとなるウェディングドレスを着用した花嫁のの隣で、新郎はタキシードを着用しています。タキシードはウェディングドレスと合わせて白色のものが多く好まれています。結婚式前の衣装決めの際に試着も自由に行なえます。

Read More

身内だけで集合

ウェディング

一生に一度となる祝いの場、結婚式には膨大な費用が掛かると言われています。その費用の負担が大きいという場合には、小さな結婚式を挙げるといいでしょう。新郎新婦の身内のみを招待して祝うスタイルとなります。

Read More

日本流の祝い

和婚

日本で結婚式を挙げる外国人が神社挙式を選ぶことがあります。もちろん日本人からも高い人気を誇るものとなるでしょう。神社挙式を選ぶときにはブライダルプランナーへその旨を相談し、利用先となる神社を決めましょう。

Read More